自炊と徒然

自炊の記録と徒然

キュリー巡査。

f:id:hachi_and_kuma:20171020131400j:image

幼なじみの話。

2015年、彼女はとある県警航空隊所属のヘリコプターパイロットになったという。
警察では全国で3番目の女性パイロットで、当時は取材の依頼がけっこうあったようだ。


実は、上記のことを昨日知ったので、遅ればせながらお祝いのメールを送った。
お礼の返信が来て、仕事もプライベートも充実した日々を送ってるそうだ。

彼女の夢が叶ってわたしも嬉しい。
そして、かっこいい。


小学校の頃をふと思い出した。
当時、彼女は「キュリー夫人」に心酔していたと記憶している。

下校中の道の途中で、キュリーさんの偉業をわたしに一生懸命に語ってくれたことがあった。
キュリー夫人」の伝記一冊が、彼女の心の礎の一部になっているのは間違いないだろう。
太陽にほえろの登場人物のように、彼女にニックネームをつけるとしたら「キュリー巡査」がいいと思う。このブログではそう呼ぶことにしよう。


警察の仕事というのは常に危険と隣り合わせだろうから、安全を祈るばかりだ。
(犯人の追跡とか、人命救助をするんだそうな……)
でもキュリー巡査は持ち前の賢さ・器用さと、いままでのスキルの積み重ねで、仕事を確実にこなすだろう。
そのうち巡査長になったりして。


とにかく、生き方についていろんな価値観で溢れる世の中で、我が道を突き歩んでいる同世代の女性が、わたしの交友関係の中にいて本当にうれしい。

近い将来、飲みに行けるといいんだけど。

 

キュリー巡査、どうかごあんぜんに(`_´)ゞ

 

↓参照
http://www.nhk.or.jp/shutoken/miraima/articles/00150.html