自炊と徒然

自炊の記録と徒然

コンサートと雑感。

f:id:hachi_and_kuma:20171017123115j:image

先日、わたしが所属するビッグバンドのコンサートがあった。
世の中の片隅で地味に生きている自分にとっては年に一度の晴れ舞台なので、とっても緊張していた。
でも、大事故もなく、無事に終わった。

さっそくコンサートの録音データをもらったのでおそるおそる聴いてみたら、悪くなかった。
たぶん、会場のつくりが素晴らしいのと、音響さんの技術の賜物だと思う。
沢山ミスしたはずなのに、思ったほど目立たない。
これまたほっとした。

 

今回のコンサートでは、Oさんというプロのサックス奏者がゲストで出演された。
その方が奏でる音色があまりにも素晴らしくて、伴奏を弾きながら泣いてしまった。
世にも美しい音色で、音ひとつでこんなに心を揺さぶることができるんだなぁ……と思った。
わたしもベース1本で人の心に響かせることはできるのかな。
バンドの先輩に言われたのだけれど、わたしのベースは「曲によって、思い入れにムラがあるのでは?」と指摘された。
そのムラがなくなったとき、少しはわたしもOさんに近づけるのかな……。
少しずつベース上手になろう。


-------------------------------------------------------------


とにかく、無事にコンサートが終わったら脱力してしまい、腑抜けのようになっている。
腰も痛いし、ここのところ不眠症もこじらせていて、鬱のときとはまた違った不調さを感じている。
今のメンタルと体調で、フルマラソンのスタートラインに立つことは絶対無理だ。
思い切って横浜と高知のマラソンはDNS(Do not start =棄権)することにした。やっと、あきらめがついた。
人間にはキャパシティというものがあるのを身を持って痛感した。


最近気づいた。
やりたいことがあるなら、まずは生きることだ。
とりあえず、生きてさえいれば大丈夫だ。長いスパンでもってこなしていけばよい。
さんまさんの名言「いきてるだけでまるもうけ」ってそういうことなんじゃないかな。と少し思った。