自炊と徒然

自炊の記録と徒然

メンタルクリニック卒業。

先日、メンタルクリニックへ行ってきた。
先生とお話をして、もう十分元気になったし、落ち込んでもすぐに気分を立て直せるようになったので、いったん「終診」という形になった。
おおよそ一年にわたる通院を経て、なんとかひと段落した。よかった。


躁鬱全盛期だったころの自分のツイッターやブログをたまに見返すことがある。
当時、いちばん自分を苦しめたのは、自分を鬱に追い込んだ連中に対しての「怒り」の感情だ。
怒りは相手を攻撃することができるが、自分も傷つける。諸刃の剣である。
いまは、そんな怒りもすっかり鎮まった。
おそらく、先方たちはこんな出来事も忘れているだろうが、今まで通り、いい年して幼稚な人生を歩んでいけばよい。
わたしにはああいう嗜好の人間は、生理的に受け付けられない。


わたしもこの件については、おおかた風化したので、先ずはいま繋がりのある人たちと楽しく過ごしたい。
それに尽きる。